北海道ツーリング NO.1

2006.07.12〜19  12日(水)1日目 

今回も積載能力と機動性の良いジェベルで行くことにしましたリアのBOXは初めて北海道に行った時の教訓をもとに2年目に考案したものです。
材料はホームセンターで買った物に使い勝手の良いパーツを取付け又、底部にはBOXを簡単に取外せるベースを取付けています。
脱着は工具無しで30秒程で完了出来ます。

当日のフェリーの出発時間は日付が変わっての00:45なのですが昼から半休して近畿自動車道八尾料金所18:30分に集合する事にしました。

時間17:40
八尾料金所に到着してびっくり!

Oさんこの日の為に新車を購入したもようでピカピカです。

このバイクはVTEC搭載のハイパワーエンジンで低速時は2バルブ、高速時は4バルブに切替わる爽快かつパワフルな走りの快感を味わう事が出来るそうです。

どんな構造になってるんでしょう???

さすが世界のHONDAさんですね!


全員揃ったところで舞鶴港を目指します。

時間18:27
舞鶴自動車に入ってすぐの西紀SAで夕食です。私は昼食を遅く食べたので軽めですましました。


時間19:48
食事後駐車スペースで話しをしていたのですが遅くなってはいけないので早々に出発しました。

時間20:13
フェリーの中の食事は高いので舞鶴市内のコンビニで明日の朝食のパンと昼食に食べるカップ麺等、食料を調達しました。


時間21:27
オリジナルのリアBOXの本領発揮です。

積載の事を考えてサイドには荷物を引っ掛けるフックを取付けていますので買ったものをBOXの中に入れなくても良いのが便利です。

時間21:28
フェリー乗り場に着いて直ぐに乗船手続きをして通路入り口にバイクを並べました。

時間に余裕をもって行ったのですがすでに5〜6台が並んでました。

時間22:13
すべての手続きが終わって何もする事が無いので宴会モードに入ってます。

ビールを飲みながら明日以降のルートを話し合っていますがすでにほろ酔い気分です。

Iさんの背中には汗の跡が…

夜になっても気温が下がらず熱帯夜でした(;;)


時間22:14
同じ北の大地を目指すライダーと…

こう言うコミニケーションも又楽しい時間ですね (*^^*)

時間22:43
乗船はバイクからなのでバイクを置いたらすぐにフロントでチェックをすませ客室に荷物を置いたら風呂に直行します。

ここでもたもたしていると車の方が乗って来られて風呂が満員になるからです。私らが風呂を出る頃には満員状態でした。

時間23:34
2等寝台も石油の高騰で価格がかなり上がっているみたいです

船は、2004年就航のはまなすでとても綺麗です。

W7さんも風呂から出てくつろぎモードに入ってます。

時間00:24

風呂から出てサッパリ!

まだまだ元気そうですね…  

時間00:25
Oさんはおやすみモード間近!

明日に備えてこの後即効で爆睡したのは言う間でもありません

時間00:26
 1日目 走行距離約180km 走行時間4時間30分

今年の連休前に夏の宿泊ツーリングを企画し何処へ行こうかと会社のメンバーと話しをしたらやっぱり北の大地を目指そうと言う事になりプランを立てました。
北海道は小樽〜北の宗谷岬〜道東の時計周りがメインなので大まかなプランで後は天気を見ながらルートを決める事にしました。
とりあえずフェリーがなければ行けないので2ヶ月前に抑えました。宿泊先は小樽に20:30到着なのでその日だけ事前に予約し後は飛び込みで取る事にしました。

メンバー&車両
・W7さん KAWASAKI ZRX1200R
・Oさん  HONDA CB400 SUPER FOUR
・I さん  HONDA CBR 1000RR
・フッキー  SUZUKI ジェベル250XC



今日は全員午前中仕事で昼から半休しましたが、休暇中の仕事の段取りや何かでバタバタしていて昼食もろくに食べれませんでした。
長期に休むからには仕事の段取りをきちんとやってる訳なので上司ももう少し解って欲しいものです。

そんな事でイライラしていたのですが気持ちを切替え今夜からの天気も気になってましたが途中舞鶴道でパラット来た位で天気予報も外れて良かったです。

2日目に

本日のルート

自宅〜近畿自動車道路 <八尾料金所18:30集合>〜近畿自動車道路〜中国自動車道路〜舞鶴若狭自動車道路 西紀SA〜舞鶴若狭自動車道路〜東舞鶴IC〜舞鶴港。
[PR]動画